NPO法人 日本宇宙旅行協会 
 〒169-0074 東京都新宿区北新宿3丁目1番20号北新宿ユニオンビル     
‣ 会員ログイン

 ‣ Home(お知らせ)
 ‣ 日本宇宙旅行協会とは
 ‣ 入会のご案内
 ‣ 会員リスト
 ‣ イベント予定
 ‣ 過去のイベント
 ‣ 宇宙旅行Q&A
 ‣ 宇宙旅行ニュース
 ‣ 講演会受付
 ‣ お問合せ
   ▶出版関係者
◇ニュース   05月20日(金)
2022/05/21  イベント「令和4年5月21日(土) 日本宇宙旅行協会 茶話会 イベント開催」が登録されました。 (2022/05/02)
 年頭の挨拶
 
2021年は「宇宙旅行元年」だったと言われています。特に三社の造った宇宙船は、人を宇宙まで運びました。バージン・ギャラクティック社、ブルー・オリジン社およびスペースX社の輸送機で、計29人が無事に宇宙へ行って来ました。とても良い成果でした。そしてこれは、宇宙産業の商業化へのパラダイム・シフトに、大いに貢献しました。
 
もう一つの良い結果はメディアの反応でした。宇宙旅行は「お金持ちの遊びだけ」とか「資源の無駄」、「馬鹿やろう」等の文句を言うより、「面白い」とか「行きたいな」、「やはり、時代の流れだよ」等の、支持しているコメントを流しました。航空産業の最初のフェーズのように、最初の乗客はお金持ちですが、若い世代はこれから乗れると理解することができます。SSTJには、今年宇宙旅行サービスが成功し続けて、どんどん拡大すれば最高になるでしょう。
 
ただし、問題がない訳ではない。軌道までの旅行の費用が数十億円なので、とりあえず最初にサブ・オービタル型宇宙旅行サービスを実現することは良い目標でしょう。このために日本で、誰でもサブ・オービタル用宇宙船に乗れるサービスの実現を狙いましょう。既に日本国内で、水平離着陸機のスペースプレーン・プロジェクトも、垂直離着陸機のロケット・プロジェクトもあります。このプロジェクトの両方が低価格のサービスで成功するように、支援すれば良いでしょう。
 
20世紀に政府の投資のお蔭で、日本人の皆がプラネタリウムへ行って楽しむことができました。これから宇宙旅行は、「21世紀のプラネタリウム」のように、誰でも乗れるサービスとして時代に合うでしょう。第一フェーズのサブ・オービタルの後は、軌道までの旅客機サービスの準備も始める時期になります。第三フェーズは月面旅行。これはまだ数十年先でも、世界中の準備は開始されています。米国やロシア、中国、欧州、インド等は、月面での基地と経済活動を計画中です。日本でもトヨタとホンダは既に、JAXAと一緒に月面用クルーザーおよび水素燃料システムを開発しています。
 
こういう活動は宇宙産業の一番大きいビジネス・チャンスだけではなく、同時に経済成長に大いに貢献します。政府は、長い間低迷している日本経済の再生のために、「大胆な政策」の必要があると述べています。是非、宇宙旅行が航空産業のように大きく成長して、新しい基幹産業になるように支援して欲しい。そうすればその結果は、子供達に明るい将来像を見せて、人類の未来はとてもエキサイティングで楽しいものだと教えるでしょう。
 
 
宇宙旅行協会 会長 
パトリック コリンズ



 
 
2022年1月1日
明けましておめでとうございます
 
去年2021年は、コロナで始まりコロナで終わった感じがします。しかし宇宙旅行は、それに惑わされることなく、前進しています。その結果メディアで取り上げられ、社会で注目されました。
 
まずJAXAは宇宙旅行を、宇宙活動の実応用として取り上げました。日本ロケット協会は、宇宙旅行シンポジウムを開きました。日本の開発企業(PDアエロスペースやスペースウォーカ)は、宇宙船の開発に汗を流しています。
 
世界に目を向けると、既に宇宙船ができあがり、宇宙旅行ビジネスが始まろうとしています。その宇宙船は大まかに、水平離着陸(ヴァージンギャラクティック)と垂直離着陸(ブルーオリジン、スペースX)に分けられます。水平離着陸型は飛行機に似て信頼性が高いと思われたものの、強度の再検討で手間取っています。垂直離着陸の宇宙旅行では、カプセル部に旅客が乗って落下傘で降下しますが、運用者は乗らないとのことです。これは人件費を減らせますが、反面非常時の対応が危ぶまれて、米国の当局が検討中です。
 
このように若干遅れ気味ですが、いずれにしても事業が今年には花開くでしょう。すると宇宙旅行が一般化し、価格競争が始まりさらに大衆化します。この疾風怒濤の時期に、私たち宇宙旅行協会員はこの動きを勉強し、楽しく活動の立ち上がりに寄与し、願わくば宇宙を味わってみたいものです。
 
宇宙旅行協会 理事長
高野 忠
 

 

  さあ、宇宙旅行の幕開けだ!ヴァージン・ギャラクティック社の創業者が、自ら宇宙船に乗込んで幕をこじ開けた“
 

▶詳しくはこちらをご覧ください

--------------------------------------------------------------------------------
 
 宇宙旅行クイズにチャレンジ!!
 
JAXA監修
 

5月度 日本宇宙旅行協会 茶話会イベントのご案内
開催日時
2022年5月21日(土) 13時30分〜17時

場所 開催方法 JAXA クロス日本橋会場およびスカイプ

参加 申し込みはこちら

※COVIED-19の感染状況によってはオンラインのみに変更となる可能性があります。
感染対策にご配慮をお願いいたします。

 
 
主な議題
日本宇宙旅行協会茶話会
5月21日 (土) 13:30〜17:00

議題案(カッコ内は担当者、敬称略):
最新の宇宙旅行ニュース
2022年会運営関連
宇宙旅行シンポジウムの報告
その他 未定

------------------------------------------------------------------------------------------

JAXA では 現在、宇宙飛行士 候補者を募集 しています。

2021年12月20日〜2022年3月4日まで!

詳細はこちら



------------------------------------------------------------------------------------------

 

 
第8回ロケット交流会に出展
2020年1月25日〜26日に東京・お台場の日本科学未来館行われた第8回ロケット交流会に
本年も日本宇宙旅行協会が参加しました。
二日目の26日には本協会から会長のコリンズ、理事長の高野
会員の黒須がそれぞれ講演を行いました。

ロケット交流会は NPO法人 有人ロケット研究会(MRP)と日本ロケット協会の共催企画で行われたイベントで
毎年たくさんの宇宙好きが集まっています。
本年は油井宇宙飛行士によるパネルディスカッションなども行われ大盛況となりました。

日本宇宙旅行協会の講演内容
「種々の宇宙旅行、そして月旅行へ」 日本宇宙旅行協会 理事長 高野 忠
「宇宙のシルクロード: 日本は、それが成功するためにどうすれば良いか?」 日本宇宙旅行協会  会長 パトリック・コリンズ
「International Space University(国際宇宙大学)紹介 −世界中の宇宙バカたちと学んでー」 日本宇宙旅行協会 会員 黒須 聡

-----------------------------------------------------------------------------------------
地球を知って、宇宙旅行を体験しよう
2019年8月24日(土) 開催 (小学生向けイベント)
場所 :東京都港区エコプラザ


主なイベント内容
「地球と宇宙、温暖化について」 高野 JAXA 名誉教授  日本宇宙旅行協会理事長
「宇宙に行くと何が見えるか」 コリンズ 麻布大学名誉教授  日本宇宙旅行協会会長
「宇宙旅行へ行こう」 浅川 (ビデオ出演)クラブツーリズム・スペースツアーズ社長

〜宇宙旅行クイズ〜
 〜体験〜
・月での飛行能力測定
・月で飛ぶための翼のモックアップ体験
・宇宙飛行士の船外活動疑似体験(宇宙服での作業の難しさ体験)

多くの小学生の皆さんに参加いただきました。
宇宙に興味のある子どもたちがたくさん集まりました。
これを機会に将来の宇宙旅行の担い手として活躍してくれることを祈っています。

------------------------------------------------------------------------------------------


海外での講演会の報告
本協会 理事長 高野 (JAXA名誉教授)が米国で開催された
IEEE  International Conference on Wireless for Space and Extreme Environmentsでの講演を行いました。
マーシャル NASA宇宙センターでのサターンロケットやシャトルなどの見学会にも参加
しました。





※2018年10月10日、日本宇宙旅行協会(SSTJ)のコリンズ会長は、
今年で4回目のロシア アムール州立大学「全ロシアコスモフェスト・ボストチュ」で招待講演を行いました。
 


ロシアの宇宙産業を担当するロスコスモス国有企業は、このイベントの重要なスポンサーとして、6分のビデオを撮影した。
------------------------------------------------------------------------------------------
書籍 宇宙旅行入門 出版のお知らせ
これまでの研究をまとめた書籍 宇宙旅行入門を出版いたしました!
[書籍情報]
最新刊 宇宙旅行入門 東大出版会
高野 忠、パトリック・コリンズ、日本宇宙旅行協会 編
発売日:2018年07月20日 ページ数:320頁  価格 4,900円(税別)


[内容紹介]
人類の永年の夢,宇宙旅行.その実現を間近に控え,技術のみならず,歴史から安全性・マーケティング・経済効果・法律・健康問題まで,実現に必要とされるあらゆる課題を検討し,日本での宇宙旅行実施への手引きとなるよう編まれた基本書
こちらから送料無料で購入できます!

[主要目次]
  はじめに(高野 忠)
  序. 章 宇宙旅行の夢に魅かれて(富野由悠季)
  第1章 宇宙旅行とは何か(浅川恵司)
  第2章 これまでと,これからの宇宙旅行(長谷川敏紀)
  第3章 ロケットや宇宙船――宇宙旅行の技術と安全性(高野 忠)
  第4章 多様なツーリズムと宇宙旅行(水野紀男)
  第5章 宇宙旅行の需要を探る(浅川恵司)
  第6章 宇宙旅行をマーケティングする(荒井 誠)
  第7章 宇宙旅行の経済効果(パトリック・コリンズ)
  第8章 日本から宇宙に行けないのはなぜ――法整備の現状と展望(水野素子)
  第9章 宇宙旅行服――宇宙機から宇宙ホテルまで(大貫美鈴)
第10章 宇宙酔いから精神負担まで――宇宙旅行と健康,準備(広崎朋史)
  終. 章 宇宙旅行を日本で実現するための課題と克服(内田和義)
おわりに(斉藤博栄)
 ※




*