NPO法人 日本宇宙旅行協会 
 〒169-0074 東京都新宿区北新宿3丁目1番20号北新宿ユニオンビル     
‣ 会員ログイン
TOP > _ > X PRIZE > ANSARI X PRIZE概要







ANSARI X PRIZE概要


<< X PRIZE特集TOP


●X PRIZEレースの概要

ANSARI X PRIZEとは、国の助けを借りずに民間だけで有人宇宙船を開発し、最初に宇宙飛行を成功させたチームに賞金1000万ドル(約10億5000万円)が贈られる有人ロケット開発レースです。 今年中にもゴールが迎えられようとしています。
 ルールの概略は、再使用型のスペースシップに3人が乗り、高度100kmまで飛行。そして、2週間以内に同じ条件でもう一度飛行を成功させることです。これは準軌道(サブオービタル)飛行であり、スペースシャトルのように地球周回軌道には乗りませんが、地球を外から眺め、無重力状態を体験することのできる高さです。飛行時間は15分前後になるとみられています。
20世紀初頭、飛行機の黎明期 にチャールズ・リンドバーグなど飛行機界のパイオニア達が同じような革新的飛行レースに挑戦し、今日の航空産業の隆盛に貢献しました。今世紀は、飛行機のたどった歴史を有人再使用ロケットが歩みます。 宇宙観光産業は航空産業と同等かそれ以上の規模の産業へと発展するでしょう。X PRIZEは宇宙観光への突破口となる可能性があります。
X-Prizeは、米ミズーリ州の実業家らが結成した「X PRIZE財団」が主催。 2001年に民間人として宇宙に一番乗りを果たした米実業家デニス・チトー氏や、リンドバーグの孫、エリック・リンドバーグ氏らが資金援助しています。
現在、アメリカ、カナダ、ロシア、イギリス、ルーマニア、アルゼンチン、イスラエルから26チームが参加しています。 残念ながら、日本にはX PRIZEに参加する先進的なチームはありません。X PRIZE獲得の最有力候補は、米スケールドコンポジッツ社スペースシップワン(SpaceShipOne)です。このチームはテスト飛行として2004年6月21に民間初の有人宇宙飛行を成功させています。 まもなく、本番のX PRIZE挑戦を行いX PRIZEに勝利されるものと思われます。この飛行によって、今世紀の重要な新産業になる宇宙観光産業が始まるきざしが見えました。


★ANSARI X PRIZE参加全26チームの紹介

 
ANSARI X PRIZEには世界(アメリカ、イギリス、カナダ、ル-マニアなど)様々な国から

ユニークなアイデアで参加しており、飛行機のようなもの、ロケット型、飛行船やパラシュート

などを使ったものもあり、工夫を凝らして挑戦しています。各チームを簡単に紹介します。



----------------------------------------------------------------------------------------------
●ANSARI X PRIZE 〜宇宙旅行におけるオルティグ賞の再現〜

ANSARI X PRIZEとは?
ANSARI X PRIZEは世界中の最も有能な企業家とロケット専門家の競争で宇宙観光産業をジャンプスタートさせる1000万ドルの賞金です。1000万ドルの賞金が以下を達成した最初のチームに与えられます。:
 ・ 民間で100kmまで3人の人を運ぶことができる宇宙機を開発し、飛行させる。(62.5マイル)
 ・ 安全に地球へ帰還する。
 ・ 2週間以内に同じ宇宙機による飛行を繰り返します。

ANSARI X PRIZE競争は現在の何十億ドル市場の航空業界を形成させた1905〜1935年の間に提供された100個以上の航空賞の足跡に導かれています。

30年間以上、一般の人々は直接的に宇宙フロンティア開拓を楽しむ機会を待っています。 X PRIZE財団は、宇宙旅行をすべての人に可能にするように働いています。 ANSARI X PRIZEで競争する宇宙機は、乗客を運ぶための設計をしています。

1996年5月の始まり以来、X PRIZE財団は、賞を競争するために7つの国から20以上のチームを登録しています。 ANSARI X PRIZEは2005年1月1日までの間、賞を獲得する日まで、個人的な寄付を通して完全に1000万ドルの資金供給を保証します。追加基金は、競争実行(判断、メディア、イベント管理など)と財団の教育業務を続けるためにX PRIZE財団によってまだ調達されています。

ANSARI X PRIZEは20世紀の初期の航空賞、主として1927年に2万5000ドル(USドル)の米国Orteig賞を得たThe Spirit of St. Louis号によるチャールズ・リンドバーグの壮観な大西洋横断飛行によりもたらせられました。航空への、より小さくて、より速くて、より良いアプローチで、リンドバーグと彼の資金援助者は(The Spirit of St. Louis Organization)は、小さいプロのチームでも大きい政府スタイルの努力より優れることができるのを示しました。
 ・新しい世代の英雄の発掘
 ・ 学生の奮起と教育
 ・ この新しいビジネスフロンティアに対する公共の注目と資金投資へのフォーカス
 ・ 世界中の探検家とロケット科学者の挑戦
そしてANSARI X PRIZEのために開発された宇宙機は結局、4つの異なった産業に役立つでしょう:
 ・ 宇宙観光旅行
 ・ 安価の衛星打上げ
 ・ 同日のパッケージ配送
 ・ 急速な二地点間乗客旅行

ANSARI X PRIZへようこそ
X PRIZEは1996年5月18日に宇宙に人を運ぶために設計された宇宙機の新しい時世代の開発を促進するという明確な目標でセントルイスに設立されました。現在、宇宙行くための方法は、一般には2つの方法だけで、米国のスペースシャトルかロシアのソユーズで、どちらも妥当な価格で定期的に利用可能ではありません。問題は今日の旅行者の費用不足や市場の需要ではなく、明確に認可された安価で高信頼の乗り物の不足です。歴史の本に学び、X PRIZEは初期の航空賞にならいました。1905年から1935、何百個もの航空賞が、速度、安全、および低価格を最適化した旅行のための異なったメカニズムで異なった範囲を探検するために飛行する非常に異なった航空機デザインの開発を促進しました。今日、最近改名されたANSARI X PRIZEは同じように活動しています。以来、7つの国からの20以上のチームが登録し、ANSARI X PRIZEは2005年1月1日までの間、賞を獲得する日まで、個人的な寄付を通して完全に1000万ドルの資金供給を保証します。

ANSARI X PRIZEが設立される前に、準軌道の飛行に焦点を合わせるという考えはありませんでした。私たちの活動はそのような第一歩となりました。今日、20以上のチームが手頃で、反復可能であって安全な方法で宇宙に行けるような新しい方法を設計しています。

ANSARI X PRIZEガイドラインは慎重にSpace Explorersの組織と私たちのANSARI X PRIZE Committeeからの代表と提携して作成されました。各ルールはそれぞれ特定の目的をもっています。例えば:

宇宙機を個人的に資金を調達して開発することが要求されていることは、大きな政府が入らずに旅行者の経済的能力によらない方法で勝つことを意味します。

米国空軍は特別な熱シールドを必要とするとても速い再突入速度ではないが、「宇宙飛行にふさわしい高さ」として公式には50マイル(80km)以上としていますので、62.5マイル(100km)の高度を選びました。

3人の人を飛ばすことができる宇宙機を要求するのは、ANSARI X PRIZE登録者がX-PRIZEを獲得した後の商業ビジネスを成立させるための宇宙機を設計することを意味します。

最終的に、同じ宇宙機が2週間以内に二度飛ぶことの要求が再度飛行することに対する費用が燃料費とこの短期間にかかる限られた「touch-labor」であること意味します。それゆえに、1席あたりの費用が妥当で、手頃になることを望みます。

X PRIZE財団受託者の大儀のため、登録チームやメンバーとして、私たちのサイトを見ていただき、この活動に参加し、支持していただけることを希望しています。

Peter H. Diamandis: Chairman and President

ミッション
X PRIZE財団のミッションは一般の人が個人的に宇宙旅行とその利益に参与する未来を創生することになっており、以下のような活動を行っていきます。
・旅行、観光、および商業のために安価の宇宙船の開発を加速するために競争を組織化して、実行します。
・安価の宇宙旅行の利益を理解するために一般人を許容するプログラムを作成します。
・宇宙旅行の冒険を直接的に経験する機会を一般人に提供します。

理念
宇宙飛行が公務員のエリート組みか超金持ちであるだけではないすべての人に開かれるべきであると信じています。商業力が宇宙飛行を公的に手頃な範囲に導くと信じています。私たちはこの目標を達成するための最善の努力をするつもりです。

宇宙に関するリソースが地球環境を保護し、修繕する間、全ての国家及び人々の富を高めるキーであると信じています。これは地球という宇宙船の人類と乗客仲間への義務であると信じています。

人間の宇宙飛行によるリスクは参加者及び人類への利益よりはるかに軽いと信じています。全てのX PRIZE活動において、参加者、観察者、および一般人にとっての安全性を伸ばすための最大限の努力を使用するつもりです。

ゴールをめざして努力するとき、私たちのパートナーと一般人に対する公正、正直、および敬意の最も高い規格に基づいた個人及び組織として行動するつもりです。

X PRIZE設立に関する歴史(航空業界におけるリンドバーグとオルティグ賞)
1927年の航空賞は今日における2500億ドルの航空機産業の基礎になりました。

1905年と1935年の間に、何百個もの航空賞が航空機技術の進歩を促進しました。最もよく知られている賞の1つはホテル王のレイモンド・オーティグによって、ニューヨークとパリの間を無着陸で飛行する最初の人に与えられる2万5000ドルのOrteig 賞です。1927年に全世界が見ている中、チャールズ・オーガスタス・リンドバーグは賞を勝ち取り、地球上で最も有名な人になりました。

政府の助けを借りずに、目先の利益も得られないところで、Orteig 賞は大西洋を横断するための9つの異なった挑戦者を刺激しました。これらの9つのチームが、2万5000ドルの賞金を得るために累積的に40万ドルを費やしました。

あるものは、1927年のチャールズ・オーガスタス・リンドバーグの飛行が歴史上で最もうまくいっている技術的なデモンストレーションの1つであったと示唆します。その時代の最も良い「すぐ入手できる」商業技術を使用して、リンドバーグは、長距離の空の旅が可能であると立証しました。航空への、より小さくて、より早いアプローチを取ることによって、リンドバーグとSpirit of St. Louis Organizationは、小さいプロのチームが大きい政府スタイルの努力より優れることができるのを示しました。

彼の飛行の前に、その時のプレスは、実際に熟練したプロで軍事パイロット彼をdaredevil, amateur, "the flying fool," and a "lanky demon of the air,"として描写しました。他のOrteig賞の挑戦者の多くが多数のクルーがいる、重くて、多エンジンの飛行機を利用しました。リンドバーグの几帳面に計画された単一のエンジン/パイロット戦略は当時の基本的な従来の考えからの出発でしたが、彼の革新的な考えと慎重な準備はSpirit of St. Louis Organizationの完全なサポートを得ました。

Spirit of St. Louisは商業的な空の旅への主要な障害は心理的なものほど技術的な壁は多くないと立証しました。リンドバーグの飛行がいったん道を示すと、その障害は永遠になくなりました。ほぼ夜通しの彼の功績は繰り返され、直接的に今日の何10億ドルの航空産業の引き金となった一連の出来事を始動し、航空の最盛期をむかえました。

再度、セントルイスの財界の指導者はX PRIZE財団のサポートを通して商業(宇宙)飛行に対する心理的障壁を克服するために彼らの完全なサポート与えています。宇宙旅行が政府機関だけのものとの一般の常識に挑戦することとして、ANSARI X PRIZEは世間一般の人のために商業的、個人的な宇宙旅行を促進します。アルバート・B・ランバートとハロルド・ビクスビーのような市民が何年も前に営業航空がそれらの都市と世界にもたらす利益のためのビジョンについて明確に話したときとちょうど同じようにセントルイス市は先頭に立っています。セントルイスのScienceセンター、セントルイスの財界のリーダ及び後援者は運営上の基金とホームをX PRIZE財団に提供しました。

リンドバーグの貢献
1927年のリンドバーグの飛行は何をもたらしましたか?
現在において、航空としてリンドバーグの飛行のインパクトを完全に評価するのは難しいです。以下の事実はこのただ一つの賞が航空のアメリカ人と世界の人の認知を変えた方法を示します。

・Spirit of St. Louis航空機は1927年のリンドバーグの飛行の1年以内にすべてのアメリカ人の4分の1の人に見られました。
・米国の航空便乗客数は1926年の5,782人から1929年には173,405人になりました。(約30倍以上増加)
・米国の航空便貨物は1927年の45,859lbから1929年には257000lbsになりました。(約5倍以上)
・米国エアメールは1927年4月の97,000lbから11月には146,000lbまで増加しました。(約1.5倍)
・1927年の米国パイロットライセンスに対するアプリケーションの300%の増加がありました。
・1927年に400%以上のアメリカの認可された航空機数の増加がありました。
・合衆国の空港数はリンドバーグ功績の3年の間に倍になりました。

全体的に見て、航空ビジネスにはインターネットのようなブームがありました。多くの会社がdot.comsを設立したように"airplane" や "aviation"という言葉を含むように会社名を改名しました。インターネットブームと異なって、航空業界は、Spirit of St. Louis飛行以来成長し続けました。要するに、Spirit of St. Louis飛行により航空が人々に関係のある身近なものであることを信じさせたことによってブームになりました。人々は自分が飛行機に乗りたいのであれば、飛ぶことができるのを知っていました。飛行はもう他の誰かによって行われた何かではありませんでした。その結果、需要増、低価格と、性能向上になりました。

パーソナルコンピュータブームは大きな商業的インパクトを引き起こす人々の期待における別の急速な変化の方法の例を示します。1975にはコンピュータが政府や銀行や他の大きな研究機関のためのものであることをみんな知っていた。パーソナルコンピュータ革命のスティーブ・ジョブス、スティーブ・ウォズニアック、および他のパイオニアのおかげで、10年以内にコンピューティングサイクルあたりの費用は急に下がり、そして、性能は向上して新しい世界産業が生まれました。リンドバーグとアップルコンピュータのケースは両方とも、ブレークスルーが技術よりもむしろ大きな社会的影響が大きなものであったことを示します。「著しい変貌」は期待における変化の結果でした。

これらはANSARI X PRIZEホームページからの要約抜粋です。詳しくは
ANSARI X PRIZE(http://www.ansarixprize.org/index.html)をご覧ください。

情報提供:ANSARI X PRIZE

----------------------------------------------------------------------------------------------------
●X PRIZEのルール(概要)

この規則はX PRIZE委員会によって変更されることがある。 賞に対して定められた各規則は非常に重要である。最初に、規則は参加者の創造性を過度に拘束するものであってはならない。ふたつめに、規則は賞が創設されるにあたっての目的、すなわち低価格の弾道飛行による宇宙旅行という目的の達成を促進するべく記述されなければならない。 X PRIZE競技の参加者のため、当面、以下の暫定規則が制定された。

1.宇宙船(the spaceship)は、民間の(privately)資金により、民間によって建造されなければならない。
詳細: 参加者は、現在商業的に調達可能なものであれば、政府機関によって開発されたサブシステムを使用することができる。実質的に政府契約に基づいて開発された打上げ機を用いる参加者は排除される。参加者は、政府または税金によって支援された機関から、予算、補助金、奨学金、物、サービスを受けてはならない。参加者は、商業的に使用可能なものであれば、政府の施設を使用することができる。使用した全ての物とサービスは、提出より3年間定額上昇することなく商業的な市場において調達可能でなければならない。

2.宇宙船(the spaceship)は14日間に2回飛行しなければならない。それぞれの飛行は、2人の人間を最低100kmの高度に運ばなければならない。宇宙船は最低3人の運搬容量(重量及び容積)を持たなければならない。

3.第2回目の飛行では、1回あたりの経費の安さと機体(vehicle)の再使用性を実証しなければならない。
*詳細:委員会の意図するところとして、優勝する機体は、宇宙旅行市場に魅力的な1飛行あたりの妥当な経費を達成するため、十分な再使用性を持つべきである。(* この規則は後に見直される。)

4.搭乗員と宇宙船は、2回の飛行において、ともに実質的に傷つけられることなく地球に帰還しなければならない。

5.参加者は、飛行の実施前に離陸場所と着陸場所を特定しなければならない。宇宙機(spacecraft)は選択した着陸場所の5km以内に制御されて着陸しなければならない。

6.X PRIZEは、国際的なものであり、本規則に従う何人にも開かれている。

7.X PRIZEの参加者は、規約の遵守と飛行計画を詳述した同意書(letter of intent)を提出しなければならない。同意書は、最初の飛行を試みる少なくとも3ヶ月前に委員会に到着、受諾及び承認されなければならない。X PRIZE委員会は、参加者が規則を満たしているかどうかの最終的な裁定者となる。全ての通信と技術情報は厳しく秘密に保たれる。X PRIZE委員会の委員は2回の飛行を監視(monitor)しなければならない。

これらはANSARI X PRIZEホームページからの要約抜粋です。詳しくはANSARI X PRIZE(http://www.ansarixprize.org/index.html)をご覧ください。

情報提供:ANSARI X PRIZE



<< 戻る >>



*