130712 帰国

今日は帰国の途に着きます。ワシントン経由で帰るので、シャトルバスを朝5:40に予約しておきました。空港に6:15について、そこまでは順調だったのですが、衝撃が待っていました。

ワシントンが荒れ天気のため、予約していた飛行便がキャンセルされたのです。そしてヒューストン経由で東京までを紹介されました。ワシントン行きは他にないので、しょうがありません。予約していたワシントン空港のMariottホテルも、何とかキャンセルしました。

これで予定していたワシントン・スミソニアン博物館の、シャトルやX-1等の調査報告は、できなくなりました。そして今回が、最終報告になります。ご愛読ありがとうございました。

高野

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

130711 ケネディスペースセンタ調査

 今日は学会で魅力的講演が無いので、近くにあるケネディスペースセンタ(KSC)を調査することにしました。無線電力伝送用アンテナの研究をしている3人の同士と共に、レンタカー借りて9:30に出発しました。
 ここKSCはサターンロケットを使ったアポロ計画やスペースシャトルの母港・打ち上げ基地でした。今はスペースシャトルも打ち止めになり、定常的打ちあげはありません。従って華やかな現業の雰囲気はありませんが、反面この大規模な施設を何かに流用しようという意気込みが感じられます。
 古典的なロケットの展示は、昔の少年(すなわち今の壮年・老年)の夢をかき立てるでしょう。立体映画IMAXでは、宇宙基地の様子を映写していました。宇宙飛行士が空中に浮かび、その向こうに宇宙基地が、さらに遠くには丸みを帯びた地球が見えます。この景色を見たいために、宇宙旅行に行くことになるでしょう。また宇宙基地内で荷物を運ぶ際、無重力の特異な現象が何度も表現されています。私も荷物をちょっと押すと、すーっと動いていく経験をしたいと思います。これらが強烈な3次元で表現されており、手が届きそうになるところが素晴らしい。宇宙旅行のプロモーション映画は、こんなものが良いのではないでしょうか。
 シャトル打ち上げ台は、すぐ下まで行けました。その巨大さ、焼けこげた耐熱煉瓦など、ここで打ち上げたのだという現実感が素晴らしい。
 アポロ館では、サターンロケットの巨大さ、月モジュールをひっくり返す構成、月着陸船の不安定そうな形、全てが見る人を引きつけます。これはケネディに率いられたアメリカの、華やかなチャレンジの時代でした。
 またシャトル館では、繰り替えし使用するという新しいロケット概念を作り上げるまでを、映画にして見せていました。こちらは完全成功というわけではありません。しかし再使用ロケットの先に、宇宙旅行のような大衆化、太陽光発電衛星のような実利用ががあるということ、言って欲しかった。そうすれば、シャトルの評価も上がるし、宇宙活動にとってもっと良かったのではないかと思います。
 それにしてあの巨大なサターンロケットやスペースシャトルを室内に展示してしまうのですから、広い空間が羨ましく思うだけでなく、その大胆さを日本でも学ぶべきと思います。

高野

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

130710 #5 無線電力伝送とバンケット

 スーツケースの脚が、ひとつ抜けてしまいました。ホテルフロントに聞くと、直せないと言う。脚とその穴にボンドを詰めれば良いのですが。
 そして会議場へ、また20分の散歩です。途中、きれいな赤や白、紫の花を一杯付ける木がたくさんあり、それらの写真を撮りながら行きます。それでも会議場に着くと、汗びっしょりです。
 午前・午後と、「Wireless Power Transfer」のセッションに出ました。今をときめくテーマですが、日本からの発表は無く、代わりに韓国からサムソンなどの発表が多い。殆どが数cmの伝送(いわゆる共振結合伝送)で、太陽発電衛星のように長距離を扱う発表は少ない。もっとも昨日の京都大学生の発表は、太陽発電衛星に関するものなのに、他のセッションに入れられていました。
 バンケットは同じホテルの中で行われました。同時に種々の表彰が行われます。総数20人位が表彰され、そこにはシンガポールや中国の人がいるのに、日本人はゼロです。おかしい。帰りがてらにアメリカで大学教授の日本人に聞いたところ、日本は政府の後押しが無いから学会(IEEE)もお返ししにくいだろうとのこと。学会もギブ・アンド・テークなので尤もだと、了解しました。
 会場や近くのホテルに泊まっている人と違い、また20分歩くので、ホテルに帰った時は10:00になっていました。

高野

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

130709 会議レセプションとアトラクション

 午前中、「Adevanced Phased Array Antenna」のセッションに出ました。これは私の専門「太陽発電衛星」に関する発表が有るためです。その中で京都大学の学生が、立派な発表をしました。質問も出て返答に窮した感じがしましたが、何とかかわしているので助けるのは止めました。
 夕方は会議のレセプションとして、花火大会がデズニーランドの中で開かれます。さらに割り引き入場券が学会から貰えたので、早めに行って幾つかのパビリオンを廻りました。まず「Energy」館に、全然列ばないで入りました。好ましい発電法として、当然太陽光発電は挙げられていました。しかし宇宙太陽光発電は、用語すらありません。何とか一般の人が知るところにしなければいけません。
 次に「Space」館に10分列んで、入りました。打ち上げ状況を模擬してシャトルの席に座り、2~3のGをかけられます。本当に手が動かしにくくなります。そして無重力になると放送があると、その感じになります。そして見える景色がその時々に応じて、ロケットの噴煙から、漆黒の宇宙に変わります。事後に友人と、その仕掛けについて議論しましたが、どうも席が高速で回転されたようです。とすると無重力の感じは、単に加速状態からの過渡状態に過ぎなかったことになります。これは宇宙飛行士を疑似体験できるので、楽しませてくれます。今後宇宙旅行の宣伝のためにも、考えて良いでしょう。
 シボレー社による「Test Track」は、80分列びました。Fast ticketという早く入れる列があるところは、人気が高いそうです。終わってみると、確かに列ぶ価値があります。列んでいる間に自分の車を設計し、その車に乗って高速で走るという趣向です。その実は、ジェットコースターであり、トンネルと屋外を突っ走るのでスリルがあります。これも宇宙旅行に置き換えて、考えることができると思います。日本でもトヨタやホンダが企画し、それをSSTJで支えられれば良いと思います。
 20:00からのレセプションは、チーズ・クラッカーなどのオードブルと飲み物、ケーキであり、質素です。その後、花火は連発で行われ、円形は崩れても迫力があります。ホテルに帰った時は、10:30になっていました。今朝日本から着いたばかりの友人は、よく頑張ったと思うし、これで時差呆けは無くなって良いかなとも思います。

高野

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

130708 発表と司会

 昨夜遅くなったが、それでも7時前に起きました。朝ご飯食べて、会議場まで20分の運動です。前を東洋系らしい学生が4人、そしてその前に若い白人女性が1人、歩っています。それ以外、誰もあるっていない!
 会場ではまず私の友人の発表セッションに行った後、私のセッションの部屋に行き、様子を見ました。昼ご飯は学会のボックスランチで済ませて、会場の準備をします。
 私は午後の最初の発表。共同司会者のBayramが、セッションの前半を司会してくれました。質問も幾つかあり、手応え感じます。続く発表には、私が質問して司会者を支援します。そしてセッション後半は、私が司会。なかなか話しが終わらない人や講演のファイルを開けなくなる人が居り、苦労しますが何とか終わりました。
 もうくたくたです。会場ホテルに泊まっている日本人数人まとまって食事に誘われたが、ちょっと休んでからにしました。ということで、帰りも一人で、何とかホテルに辿り着いたわけです。

高野

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

130707 登録と準備

 昨夜久しぶりで熟睡しました。早速会議場の Hilton Buena Vista Hotelに行き、登録を済ませました。明日1セッションの司会とその中で自分の発表があるので、大変でした。と言うのは、普通は司会を2人でやるのですが、私の場合1人になっていたので、新たに1人追加して貰ったからです。かつ私の発表は、内容を見直してなくて、まして発表練習などしていませんでした。その結果、今は2時になってしまいました。
 早く寝ないと、司会しながら寝てしまいそうです。

高野

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

130706aワシントン空港

 ワシントン空港に、6日24:05(日本時間)に着きました。13時間の時差有るので、ワシントン時間ではまだ6日の午前の11:05です。空港でオーランド行き飛行機出発の17:03まで待つので、タブレット端末のGoogleアカウント取得に挑戦しました。それは何とかできました。
 次にメール送ろうとしましたが、「メールサーバのグリーティングが正しくありません」と言って、受け付けてくれません。ここのUnited Airlinesのサーバがオープンなので、私が日本で使っているサーバが拒否しているのかも知れません。ここで原因を追及するのは大変なので、止めときます。いずれにしても、メールやネットワークはいつでも使えそうだが、そうでもないと言うことのようです。

 ワシントン空港からオーランドまでの飛行機は、17:03発予定が18:00離陸になりました。疲れて眠くかつ腹も減ってきたので、早くホテルに入りたいところです。
 しかしオーランドに22:00に着いてシャトルバスを使ったら、結局ホテルに入ったのは22:00になってしまいました。風呂に入った後、さてメールを開いて皆さんのブログへの意見を聞いて、次の報告を書こうと思ったところ、部屋ではインターネット使えないとのこと。ホテル案内には、「各室で使える」と書いてあるのですが。ホテルロビーでは使えるそうなので、明朝メールを開くことにします。

高野

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

130706 出発

アメリカに1週間、学会で行くことになりました。場所はフロリダのオーランド、例のケネディ・スペースセンタの有るところです。その紹介も兼ねて、SSTJのブログに書いてみたらどうかと、お誘い受けその気になりました。どういう報告になるか心配ですが、やれるだけやってみますので、読んでいただければ幸いです。

昨日、すなわち出発前日は大変でした。このところ、学生の指導や何やらで忙しく、準備時間が取れなかったのです。その付けが廻って寝たのが朝2時、家内はさらに私の服などを用意して、遅くまで起きていたようです。
それでも朝6時には起きて、6:54発の電車に間に合いました。成田空港は空いていて、快適です。ところが新調したタブレット端末が、どうもうまくいかない。グーグルアカウントを取らないと何もできないのに、@gmail.comの名前に何を入れても、拒否されるのです。こんなにグーグルはアドレスをため込んで、無駄遣いしてるのかと思ってしまいます。

飛行機は11:05出発予定でしたが、空港が混んでいて11:50に離れました。宇宙旅行へ出発する時こんなに遅れると、お客が安全の心配してしまうので、絶対いけません。19:00頃(そのまま日本時間で書く)、アラスカの大地の上を飛んでました。きれいな朝焼けが左側に見えて、ああ南に飛んでるな、と実感です。準軌道の宇宙旅行では、昼に飛ぶことになるだろうから、これは見えないでしょう。代わりに見事な大地・地球が、目の中一杯に飛び込んでくるはずです。あと5時間で、ワシントン・ダレス空港に着く予定です。

高野

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

宇宙旅行ブログはじめました。

コリンズ会長のコラムをはじめ、日本宇宙旅行協会の会員スタッフによるブログです。いろいろな情報を発信していくのでお楽しみに!

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ